So-net無料ブログ作成
世界史 ブログトップ

マハトマ・ガンディー(偉大なる魂の子ども時代) [世界史]

「一人に可能なことは、万人にも可能であると私は信じている」 マハトマ・ガンディー

ガンディー.png

 インド独立の父と言われたガンディーの子ども時代の話です。彼は小王国の宰相の家の子として生まれました。そんな彼には変わった趣味がありました。彼は毎日家から学校まで全速力で走って通っていたのです。体力増強のため?いえいえ、実はこうして走っていれば、誰とも話さなくて済むからなのです。彼はひどい人見知りで、気持ちも弱かったのです。

 そんな彼が当時のエリートのお決まりコースでイギリスに留学し、弁護士になりました。しかし、人前に出ると緊張して声が出なくなるガンディーの弁護はひどいものでした。失意の中、南アフリカ共和国に移った彼を更に屈辱的な経験が待っていたました。南アフリカ共和国は当時はアパルトヘイトの国。肌の色が黒いというだけで、乗っていた列車から叩き出されてしまったのです。これに悲しみ怒った彼は、自分に何かできないかと考えました。
「そうだ、自分には法律の知識がある」。
 彼が人種差別と闘う弁護士に生まれ変わった瞬間です。その後は、イギリスに植民地にされていたインドに帰り、非暴力不服従という奇跡の方法で、インドの独立を勝ち取ったのです。

 インド独立後にもガンディーのすごい話が伝わっています。独立運動中は協力していたヒンドゥー教徒とイスラム教徒が、ついに衝突、殺し合いの惨劇が全国に広がりました。普通の政治家なら、軍や警察を出動させ鎮圧するに違いありません。しかし、ガンディーは違いました。何と事態を悲しみ、食を絶ったのです。断食です。結果、ガンディーが死ぬかも知れないといううわさが国民に広がると、自然と争いは静まったそうです。

 彼ほど国民に愛され、信頼された政治家はいません。彼の無私の生き方が国民に深く理解されていたのでしょう。(彼が暗殺されたのも、宗教間の争いや差別をなくすため、彼自身がヒンドゥ教徒であることをやめたことが、狂信的な信者に誤解されたからです。)彼は聖人と呼ぶべきかも知れません。私は若いころ、インドを訪れましたが、ガンディーのお墓に、人々が絶えず赤い花(何かの象徴らしいのですが忘れました)を備えている姿を見たのを覚えています。




タグ:偉人 伝記

マーク・トウェイン「人生を変えた紙クズ」 [世界史]

マーク・トウェイン「人生を変えた紙クズ」

マークトウェイン.jpg

 彼は勉強が大嫌い、学校にも馴染めませんでした。学校には行かなくなり、ミシシッピー川で魚を取ったり、カメを取って食べたりして過ごしていました。今でいう不登校だったわけです。彼は自分のことを馬鹿だと思っていたし、周りの評価もそうでした。
 そんな彼が街を歩いていると、風にとばされて1枚の紙クズが足元に落ちました。何の気なしに彼は、紙クズを拾いました。すると、そこには19歳でまさに、今、無実の罪で処刑されようとするフランスの少女のことが書かれていました。どうやら本の1ページのようです。しかし、紙クズに書かれているのはそこまで。彼は、それを読んで怒り、この少女になぜ、このような運命が起きたのか気になって仕方がありませんでした。とうとう彼は今までまったく無縁だった図書館に行き、その少女、「ジャンヌダルク」についての伝記を探し始めました。そして、ついに彼は伝記を見つけ、感動の内に読み終えたのです。
「本とはなんて面白いんだろう!」
 彼は、それから図書館に通いつめ、本を読み漁りました。そして、いつしか自分も人を感動させられる本を書きたいと思ったのです。後に彼は、少年時代の経験をもとに「トムソーヤの冒険」を生み出し、世界的作家になりました。
 ゴミを拾う、誰にでもある経験です。そんなありふれた経験で人生を変えた人(もちろん、それだけではないでしょうが)がいたと思うと、誰にでも、いつでも、人生を変えるチャンスは訪れているに違いないと思わずにいられません。そのチャンスを受け入れる心の感度(感動する、心が大きく動く)を持とうとするかどうかなのかかも知れませんね。この話は以前読んだ、デールカーネギーの著作から紹介させて頂きました。
タグ:偉人 伝記

リーンカーン 「大統領と、ある兵士」 [世界史]

<リンカーン大統領と、ある兵士の話>

リンカーン.jpg

 リーンカーン大統領の大好きなエピソードをご紹介します。
 アメリカ南北戦争当時、ある兵隊の家族が戦闘に巻き込まれ死んでしまいました。その兵士は軍隊の上司に、家族の葬儀をするために故郷に帰るために休ませてほしいと言いました。しかし、今は非常時ということで許可が出ません。次に更に、師団長にお願いしたがだめ、将軍もだめ、そしてとうとう彼は、リンカーン大統領の執務室のドアをノックしたのです。
 「大統領、私の家族のために休みを頂けませんか?」
リンカーンは人格者のような反応をしてくれたでしょうか。とんでもありません。いきなり逆上しました。
 「私は大統領だ!今は戦争中で、私は非常に忙しい!なぜ一人の兵士の問題の一つ一つに私が答えなければならないのだ。それは軍隊に任せてある。そちらで解決してくれ!」  バタン! 

 執務室のドアは閉められました。がっかりしたその兵士は、アメリカなんてクソだと思い、安ホテルに帰り、飲んだくれました。さて、夜がまだ明ける前に、ホテルの部屋のドアをたたく者がいます。兵士は二日酔いの頭を抱えながら不機嫌にドアを開けました。すると、なんと、そこにしょんぼりして立っている長身の男がいたのです。そう、彼はリンカーン大統領です。
 「昨日は君にひどいことを言ってしまい、後悔して眠ることができなかった。いてもたってもいられず、来てしまった。許してくれますか?もう、すでに君の休みは将軍の許可も得ているし、船もチャーター済みだ。港まで馬車で送らせてくれないか」
 兵士はリンカーンの馬車で港に向かいました。

リンカーンといえども不完全な人間だった訳です。それを補ってあまりある彼の魅力の一端を示すお話ですね。


世界史 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。